スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016


P2272760_convert_20170301221107.jpg
(時の流れはとても速いもので・・・)




DSC02356_convert_20170301220950.jpg
(気が付けば次の世代たちがバトンを受け継ぐために・・・)




DSC_0010_convert_20170301215830.jpg
(日々成長を続けている・・・)




DSC_0066_convert_20170301220626.jpg
(自分は成長を続けているのか・・・)




DSC02131_convert_20170301220120.jpg
(バトンの受け渡しが出来るのか・・・)





DSC_0023_convert_20170301220404.jpg
(時には釣りで己と向き合うも・・・)




DSC01979_convert_20170301223357.jpg
(道を究めるにはあまりに時間が少なすぎる・・・)




DSC02177_convert_20170301220214.jpg
(来年はどんな年になるのやら・・・)




DSC_0014_convert_20170301234106.jpg
(あれ・・・??)






スポンサーサイト

EARTH DREAMS TECHNOLOGY

八王子は雪、雪化粧した桜もキレイですな。

自分はお休みなのでそんなことを呟けるわけだけど・・・


さて、ホンダさんにはファミリーフェイスに固定化せず、

インテリアやデザイン面も質実剛健で良し!


いっそやるなら誰も真似できない奇抜さでやるべき!

小手先ではなく突き抜けるべきだと思う。文句も絶句するくらいに(笑)


そんなことに頭を巡らせるなら車の本質を磨いてほしい。

走る・走らせる悦びを追求してほしい。


そんな思いを前回は吐露したけど・・・


日本のユーザーは「低燃費・ハイブリッド」に執着しすぎると思う。

燃費を上げること、気に掛けることは素晴らしいが。。


自然環境と真摯に向き合い、ハイブリッドにしている方がどの程度いるのか。

家計を考えての事ならほとんど大差がないことに気付いてほしい。


もちろん走行環境や、今後のオイル価格によっては一概に言えないが・・・

のぼりんのように、仕事や釣行で都内をヒガシエニシエと長距離走るなら合うけどね。


ハイブリッド信者に合わせ、ハイブリッド一辺倒の宣伝&展開はいただけない。

国内で面白い車が少ない要因の一つだと思う。


最近はエンジンそのものを磨き上げたり、

エンジンを小型化してターボで補ったりとガソリン車でも低燃費。


クリーンディーゼルも面白いのだが・・・

ハイブリッド同様の価格増が玉に瑕。


今は、燃費を悪い車を探す方が難しいのだから、

純粋に好きな車に乗りましょうよ。


いまのCVTは進化してきてるし。

走り屋も満足できるものも増えてるみたい。


ねぇ、奥さん。

主婦パワーは偉大なり。


奥様方が開眼してくれれば日本の自動車は楽しくなる!

はず・・・(笑)



ここが変だよ・・・

前回、現行型ステップワゴンに乗り換えたという話をしたが・・・


これからは完全に個人的な意見。


いよいよ今月登場の新型ステップワゴン。

注目のターボを搭載し、低燃費&高出力の鳴り物入りデビューを控えている。


また、「わくわくゲート」なる飛び道具?も注目だ。


実は、bamb1no。

根っからのステーションワゴン好き♪


なので・・・100歩譲ってミニバンになるとしても、

ハイト系には乗らないことを宣言していたのだ。


ホンダで乗り継ぐならストリーム、他にプレマシーやラフェスタなどを注視していた。


そして、ここからが問題。


個人的に3代目フィット以降のデザイン(内外装)は違和感ありすぎ。


フィットに至ってはダミーダクトにサイドライン、そしてハイブリッドのシフトノブ。。

ヘッドライト、リアも入れると田舎者がボテボテ格好つけているようにしか見えない。


新型フィット、新型ステップはリアデザインのダメ押し具合が酷過ぎる。


そして極めつけが憧れ、アコードのフロントグリル・・・

3代目オデッセイ以来のブルーを入れたがる悪い癖が

(細かく言えばインサイトやN-BOXと脈々と)


アキュラ宜しく、レジェンドのフロントグリルの方が断然良い。


そこへ、首を長くして待ち焦がれたジェイドが登場!

だが、デザイン&質感&価格と三拍子揃って期待を裏切られる

(6人乗り、ハイブリッドのみの設定もありえん)


安っぽい木目調&アイボリーはどうなのか・・・。

それから後発が予想されるガソリンターボにはタコメーターを付けて欲しい。


これはもう、俄然マツダに傾く。


ハイブリッドなる究極のエコカーまでの繋ぎ役に開発費を投じるより、

エンジン屋のお株を奪う「スカイアクティブ」は好感だった。


ホンダ、日産は簡易HVのままで良かったと思う。

ガソリンエンジンのブラッシュアップ、次世代型エコカーに注力すべきだと。


ハイブリッドに乗るのなんて日本くらいで、世界的にガソリン車は主幹車種。


だからこそ、特にホンダにやってもらいたかった。。

最近は何かと元気がなく、全てが後手に見える。


起死回生の切り札となり得た、i-DCTも自業自得でリコールの話題に霞み・・・


話を戻し、ホンダに見切りをつけ実際にマツダディーラーまで足を運んだが、

行ったお店が宜しくなかったようで閉口。


店の雰囲気も悪く、営業の傍観ぶりが・・・少しは提案してよ。。


魂動デザインを纏ったモデルは性能、質感とバランスが良いが、

現行型プレマシーの魅力は半減しているのが現状。


また、次期プレマシーに関する情報がないのも悩ましかった。


振り出しに戻り、ハイト系まで候補に入れればモデル末期のステップが居た。

お顔がメッキ&電飾でケバいのが玉に瑕だが、末期&決算の値引きで決断。


願わくばスパーダはRS化して、動力性能を特化していれば申し分なかった。

排気量増加がナンセンスならチューニングだけでも。


コンプリート化はモデューロや無限に任せても良いのではないか。

特に第2弾が不明のモデューロXで、ステップワゴンを出した方が。。


前置きが長くなったが、結果的に注目していた新型を選ばなくて良かったと思う。


現行型に決めたのは、新型の情報公開の直前。

テスト車の画像でエクステリアに関してはある程度想像がついていたが。


新型はスパーダが標準と言われても分からない程で、

完全にセレナ化してしまったと思う。。


ノーマルが悪いというより、スパーダが醜い。

エアロ&メッキで着飾るよりは好感だが・・・


やっぱりステップは流線形ではなく、角が立ったデザインでしょ!


インテリアに関しては、やはり微妙で、シフトノブとインパネは個人的に却下


ダウンサイジングターボは魅力的だが、実用域でどの程度の値を出してくれるのか。


最後に、ホンダに限らず最近のファミリーフェイスは如何なものかと。

(格好いいがマツダの魂動も見飽きたなぁ)


ホンダならアキュラでやればいいことだし、

そんなことではなく自家用車でありながら面白い、たまには奇抜な車造りだよ!


大企業になって難しいてのも分かるが、それじゃ存在意義が薄れてしまう。

S660に続いて、一般人にも手の届くワクワク車を期待していますぞ!


エクステリアやインテリアは余計なことしなくていいの。

質実剛健!シンプル・イズ・ベスト!



魂動

さて、久しぶりにポチポチ。

前回の記事は年末だったかな??


今年は、「負けるもんか」なり


何のことやら(笑)


まずは釣りですな。

先日の大潮は外海に面した運河を中心に出撃!


お気に入りの青海にてヤルキバでポンポンと。

型は40~50といった感じで、バチは確認できず。


ベイトがわらわら居たね~もうそっち??


隅田の上げ狙いでは、明暗をマリブやミニヨレで攻略。

サイズは伸び悩んだが、プリンス&のぼりんと楽しい釣行だった♪


そうそう、結局はモバイルパックを放出し・・・

デスペラードSコンセプトDS862LSを獲得!


今回も状態の良い中古品と遭遇、価格も無問題。

で、流石は名竿と呼ばれるだけあり好感触♪


さらにさらに、15フリームス2508R-Hを格納

ATD、いいんじゃないでしょうか??


この組み合わせは、バッチリで何より楽

今までの組み合わせが極端すぎたのもあるけれど・・・


低伸度ユニットの究極系だったからね~



それから私事だが、5人家族となります。

これでbamb1no一家は完成です(笑)


そいで、それを見越して、車検や減税改正や、フルモデルチェンジetc.

愛車のフィットから、現行型ステップワゴン・スパーダに乗り換えることに。



まさに出会いと別れの春・・・寂しさあり楽しみあり。

ありがとう、そして宜しく



ほんで、同じ業界内で移籍します。

同業だが仕事形態は一からの新人です。


それに伴い、スマホデビュー。

ガラケーで十分なんだが、やっぱり便利よね~


そういいながら、パソコンでブログ書き込んでるが。。


三十路になったbamb1no。

今年は挑戦・勝負の年となります。


それじゃ、また。





キセキ

11月24日 後中潮 下げ始め


「煌・のぼりん号」で荒川へエントリー。

まずは、まだ水中に没しているストラクチャー狙い。


そういえば、来季から「のぼりん号」のパワーユニットが変更に。

マクラーレンホンダ・・・じゃなくてハイブリッド化!


これで燃費を気にせず遠征もガンガン行けちゃいますね


さて、ブーツ90を先発させてソフトトゥイッチに

ボッシュ

幸先よく水揚げするも50弱・・・


ハイシーズン&荒川のポテンシャルを思えば素直に喜べず。。

なんて言っていると、お師匠から何か言われそう(笑)


サイドワインダー+セルテ3500の組み合わせは「漁」。

獲るためのみ存在するかのような釣りとなってしまう。


また、素直に追従してくれるロッドに戻りたくなってきた今日この頃


自分は落ちのタイミングでシャローエリアへ差してくる魚へ狙いを変更。

まずはTKでトップを探ってみるが反応なし。


ショアラインシャイナーR40+SSRで広範囲をサーチ。

ローテのザブラミノー11Fタイダルにアタックしてきたのはセイゴ。。


これまでとは明らかに状況が変化していた。


ブレイク+ヨレ狙いでトップから中層を探るが・・・。

悟空11、ラ・ブラ11、サルディナ12、グース12と歴戦の猛者も不発。


ほぼルアー&アクションローテを出し尽くした。

残るは、中層から下。


最近のお気に入り「TDソルトバイブRR」を投入。


他のメンバーならミニ&フルエントだろうけど、

実績&価格重視で・・・ロストが多いですから(笑)


60Sのミディアムリトリーブ。

反応なくリフト&フォール。


ドンッ


絞り込まれるサイドワインダーに良型を確信。


バサバサッ


大物特有のエラ洗いに緊張が走る。。

河鱸のトルクのある引きを耐え続けること数分後・・・


20141124205016.jpg
(丸々のランカーを水揚げ!)


結果としてこの1尾のみで後は続かず。

しかし、最高の充実感を味わうことができた。


全ての力を出し尽くし、魚と対面した時は興奮することもなく(笑)

むしろ無心に近かったかな?


甦生に時間を費やし、ゆっくりと流芯へ帰る姿を見送ってからだね。

安堵感と疲労感・・・そして達成感を感じたのは。


この釣りを始めて5年弱。

ひとつの目標であった80アップを手にすることが出来た。


この釣りに誘ってくれたプリンス、

そしてお師匠・・・本当にありがとうございます。


ランカーに限りなく近づけてくれた、

そして最高の体験を得られたのは御2人の存在あっての事。


スペシャルサンクス!のぼりん。

のぼりんのサポートなくして本日の釣果は語れず。


メンバーの皆々様、これからも宜しくお願いします


最後に、素晴らしいフィールドへ感謝・・・




HOMENext ≫

プロフィール

bamb1no

Author:bamb1no
釣りとフットボールを
息抜きとする未熟者。。

そんな俺でもゴミは
“モチカエル”のだ!

Think the Earth

gremz

潮汐表

リンク

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。